So-net無料ブログ作成

宅建業法(61)メール講座NO.121 [宅地建物取引士]

●無料動画講座「宅建林道場」への登録はこちらから

●無料メール講座「電車で一問一答トレーニング」の登録はこちらから

林へのメッセージ・お問合せはこちらから
(勉強の内容に関するご質問には対応しておりません)


メール講座「電車で一問一答」NO.121◆宅建業法(61)

<問題はメールで配信しております>

解答:誤

解説
宅建業者が、免許を取り消されたときは、当該宅建業者であった者は、供託した営業保証金を取り戻すことができる。そして、宅建業者が死亡した場合、相続人は営業保証金を取り戻すことができる。



※メール講座「電車で一問一答トレーニング」へのご参加は、動画講座「宅建林道場」と登録手続きが別になります。

ご面倒をお掛けいたしますが、別々に登録していただきますよう、お願いいたします。



コメント(0) 

宅建業法(60)メール講座NO.120 [宅地建物取引士]

●無料動画講座「宅建林道場」への登録はこちらから

●無料メール講座「電車で一問一答トレーニング」の登録はこちらから

林へのメッセージ・お問合せはこちらから
(勉強の内容に関するご質問には対応しておりません)


メール講座「電車で一問一答」NO.120◆宅建業法(60)

<問題はメールで配信しております>

解答:正

解説
宅建業者は、営業保証金を金銭のみで供託している場合で、 主たる事務所を移転したためそのもよりの供託所が変更したときは、 従前の供託所に対し、新たな供託所への営業保証金の保管替えを請求しなければならない。 よって、本問は正しい。



※メール講座「電車で一問一答トレーニング」へのご参加は、動画講座「宅建林道場」と登録手続きが別になります。

ご面倒をお掛けいたしますが、別々に登録していただきますよう、お願いいたします。



コメント(0) 

宅建業法(59)メール講座NO.119 [宅地建物取引士]

●無料動画講座「宅建林道場」への登録はこちらから

●無料メール講座「電車で一問一答トレーニング」の登録はこちらから

林へのメッセージ・お問合せはこちらから
(勉強の内容に関するご質問には対応しておりません)


メール講座「電車で一問一答」NO.119◆宅建業法(59)

<問題はメールで配信しております>

解答:×

解説
営業保証金は、主たる事務所のもよりの供託所に供託しなければならない。
それぞれの事務所のもよりの供託所ではない。



※メール講座「電車で一問一答トレーニング」へのご参加は、動画講座「宅建林道場」と登録手続きが別になります。

ご面倒をお掛けいたしますが、別々に登録していただきますよう、お願いいたします。



コメント(0) 

宅建業法(58)メール講座NO.118 [宅地建物取引士]

●無料動画講座「宅建林道場」への登録はこちらから

●無料メール講座「電車で一問一答トレーニング」の登録はこちらから

林へのメッセージ・お問合せはこちらから
(勉強の内容に関するご質問には対応しておりません)


メール講座「電車で一問一答」NO.118◆宅建業法(58)

<問題はメールで配信しております>

解答:×

解説
免許権者は、宅建業者が免許の日から3ヵ月以内に
営業保証金を供託した旨の届出をしないときは、
届出をすべき旨を催告しなければならない。
さらに、その催告が到達した日から1ヵ月以内に届出をしないときは、
その宅建業者の免許を取り消すことができる。
したがって、免許を取り消さなければならないわけではない。




※メール講座「電車で一問一答トレーニング」へのご参加は、動画講座「宅建林道場」と登録手続きが別になります。

ご面倒をお掛けいたしますが、別々に登録していただきますよう、お願いいたします。



コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。