So-net無料ブログ作成

法令上の制限(27)メール講座NO.167 [宅地建物取引士]

●無料動画講座「宅建林道場」への登録はこちらから

●無料メール講座「電車で一問一答トレーニング」の登録はこちらから

林へのメッセージ・お問合せはこちらから
(勉強の内容に関するご質問には対応しておりません)


メール講座「電車で一問一答」NO.167◆法令上の制限(27)

<問題はメールで配信しております>

〔小問1〕
解答:誤
解説
事後届出が必要な「売買等の契約」には、対価の授受を伴わないものは含まれない。贈与契約は、対価の授受を伴わない契約である。したがって、AからBに対してなされた甲地の贈与は考慮する必要がない。乙地についても届出対象面積をみたさないので、結局、届出の必要はない。よって誤り。

--

〔小問2〕
解答:誤
解説
事後届出が必要な「売買等の契約」は、土地に関する所有権・地上権・賃借権(またはこれらの権利の取得を目的とする権利)の移転または設定をする契約でなければならない。そして、いわゆる譲渡担保の場合には、所有権が移転するので、事後届出が必要となる。しかし、届出義務を負うのは権利取得者であるから、Aに届出義務はない。よって誤り。



※メール講座「電車で一問一答トレーニング」へのご参加は、動画講座「宅建林道場」と登録手続きが別になります。

ご面倒をお掛けいたしますが、別々に登録していただきますよう、お願いいたします。



コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。